スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
愛って・・・
2010-08-23 Mon 23:35
今年はマザー・テレサの生誕100周年だそうですね。

先日レディス4を見ていたら(おばちゃんだなぁ(笑))、
日本橋の三越本店で「生誕100周年記念 マザー・テレサ愛の世界展」が
開催されているというのを知って、時間があれば行ってみたいなって思ってました。

愛と平和のために生きた女性ですが
じゃあ、どんなことしてきたの?って改めて問われると
案外ざっくりとしたことしか知らなかったなぁってことに気がつきました。

今日は最終日。

午前中に事務仕事を終わらせて、
次の予約が夕方からだったので
お昼を兼ねて夕方まで外出をしました。

会場は人でいっぱいです。

展示物はマザーの写真がほとんどでした。

写真の中のマザーの顔を見ているだけで
なぜかじんわりと涙があふれてきてしまいました。

笑顔のマザーの写真が多かったのですが、
しわくちゃのその表情の奥からは
1本筋の通った厳しさを感じました。

見た目は小さな小さな普通のおばあちゃんです。
あの小さな体の中に
どれほどの情熱と愛が詰まっていたのでしょう。

写真から伝わってくるその愛のパワーに
自然とうるうるさせられてしまったのでしょうね。

写真のほかには青いカーディガン、遺髪、染みのついたハンカチ、
マザーの番号が書かれたスプーン、
驚いたのはマザーが亡くなった時に遺体にかぶせていたガラスケースの破片。
そういうものしか残っていないのです。
本当に遺品が少ないから。

マザーと同じ生き方をすることは難しいけど、
意識をすることはできるかもしれない。

マザーが遺した言葉がいくつか紹介されていましたが、
共通しているのは「大きなこと、たくさんのことをすることがよいのではなく、
それが小さなことでも、数は少なくてもいいから、何に対しても
喜んでする気持があるかどうかが大事なんだよ。
どれだけ心を込められるかなんだよ」ということでした。

本当の愛って、そういうことか・・・。


スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<導き | aqua venus | 潮干狩り>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| aqua venus |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。