スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
戸隠・能登・福井の旅 (7月18日)②
2010-08-18 Wed 22:30
輪島から金沢市内に向かう途中
素敵な岩場を見つけました。

こういうところを見つけると、
旦那さんは車を置いて飛び出していきます。
そして数十分、長い時で1時間以上帰ってきません。

車の中に常に乗せてある網を手に
さっそく岩場へ消えていきました。


しばらく車で待っていたのですが、長くなりそうだったので
わたしも岩場に顔を出すことに。

すると、子供たちと一緒になって遊んでいる旦那さんが見えてきました。

この兄弟君たち、金沢に住んでいるらしく、親戚の家に遊びに行く途中だったとか。
お父さん・お母さんも一緒でした。

すっかり打ち解けた様子の我が家の旦那さんと子供たち。
なんか、大きな親分と小さな子分達って感じ。

はじめは恐る恐るだった子供たちも、コツをつかむと
自らサザエやウニを探して見せてくれます。
※無断で採ることはもちろん禁止されていますからすぐに戻しますよ。

時間が経つにつれて本当に上手になっていくんですよ。
子供ってすごいですね~。

しかも、とってもいい子たちで、言葉遣いとかきちんとしていたし、
ほんとにかわいかった。

結局2時間も遊んでバイバイしました。
IMG_3287_R_convert_20100810174330.jpg

さてさて、車を走らせてしばらくすると
羽咋郡富来町の増穂浦海岸というところに
「とぎ海街道」という道の駅があります。

ちょっと休憩のつもりで寄ったのですが、
こちらには「世界一長いベンチ」があるということで
見に行ってみることに。
IMG_3291_R_convert_20100810174353.jpg

階段を上って海の方に出てみると・・・
ありました!!

長い長い。
本当に長い。
IMG_3293_R_convert_20100810174419.jpg

ここで写真を撮っていた20代の男の子と女の子の3人組がいたので、
お互いに写真を撮り合いませんか?ってことで声をかけてみました。

福井から来た結婚予定のカップルとそのお友達ということでしたが
この子たちもまたとってもいい子。

そして「ここのジャガイモソフト絶対食べてください!」って教えてくれました

ジャガイモソフト?
道の駅に戻ってみると、ありましたよ、本当に。
「とぎ男爵のソフトクリーム」。

おもしろいことに、お好みで塩をかけて食べるんですよ。

これがまたおいしいの!!
アイスとかソフトクリームとか、あんまり食べない私でしたが、
これは教えてもらって本当によかった♪
IMG_3294_R_convert_20100810174444.jpg
車に戻って道の駅を後にしようと思ったら、
さっき写真を撮り合った3人組が手を振ってくれていました。

あ~
なんていい子たちなんだぁ。。。

ありがとーねー

次に目指したのは千里浜海岸。
ここは小さいころから是非行ってみたいと思っていたところでした。

ずっと前、サザエさんのエンディングは、
磯野一家がいろんな観光地を紹介しているものだったのですが
その中に観光バスが砂浜を走るところがあって、
埼玉の海なし県に住んでいたこともあり、「すご~い」って毎週釘づけになっていたのを覚えています。

それ以来ずっと行ってみたかったんですよね~。

期待を胸に砂浜の方へ入って行きました。

でも・・・。

なんか、サザエさんで見たのとちょっと違う。。。

確かに砂浜の上を車が走っていますが、
海水浴客の車がずらっとならび(これだけでも他の海水浴場と全然違いますけどね)
行き交う車で砂浜が固められ、普通にアスファルトの上を走っているような錯覚がありました。

せっかく寄ってもらったのですが
「ごめん、なんか、微妙。。。」って感じでした(苦笑)。
IMG_3303_R_convert_20100810174508.jpg

寄り道をいっぱいしてしまったので、金沢に着いたのは夕方になってしまいました。

すでに閉まってしまった長町武家屋敷跡をぐるっと散歩したのですが、
お腹もすいてきたのでお寿司屋さん目指してすぐに出発。

歴史的建造物よりも食い気の方が勝ってしまうのは致し方ない。
IMG_3309_R_convert_20100810174534.jpg

途中で道に迷ってしまいだいぶ時間をロスしてしまったので
お寿司屋さんに着くころにはあたりは暗くなりかけてました。

たらふく食べたあとは、お風呂と寝る場所探しです。
明日は永平寺に行く予定なのでとりあえずその近くまで進んでしまうことにしました。

コンビニに寄って立ち読みで温泉情報などをチェック。
すると、片山津というところに「大江戸温泉物語ホテルながやま」と言うのを発見。

大江戸温泉が、全国のホテルや旅館を買い取って運営をしているらしいのです。
こちらもその一つですね。

ホテルですから普通に宿泊客もいらっしゃいます。
で、お風呂だけの利用も可能。
24時間営業で、通常料金は1200円。
18:00以降の利用は500円。
25:00以降も利用する場合は+800円。

つまり、朝まで利用して二人で2600円で済んでしまうのです。
あ~
なんてありがたいことだー

車の中に寝るよりは格段に疲れがとれるはず。
明日は自宅まで頑張って帰らなくてはならないので
ここで体をしっかりと休めておくことにしました。

露天風呂からは柴山潟という湖が見えます。
ちょっと混んでいましたが、でも気持ち良いお風呂でしたよ。

宴会場がお休み処に改装されています。
ベットが5台くらいあって、あとはリクライニングできる椅子があります。
それと、畳敷きなので敷布団と毛布が何組か置いてあって、
各自好きなように寝ています。
わたしたちも布団を敷いてのびのびと寝ることができました。
お休み処もいっぱいでした。

明日は早起きして永平寺にお参りです。

スポンサーサイト
別窓 | 旅・パワースポット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<戸隠・能登・福井の旅 (7月19 日) | aqua venus | 戸隠・能登・福井の旅 (7月18日)①>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| aqua venus |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。