スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
戸隠・能登・福井の旅 (7月17日)①
2010-08-17 Tue 22:00
この旅も、もう1か月も前の話になってしまいました

バリ島から帰ってきてすぐの連休、
車で戸隠・能登・福井を回る旅にでました

7月17日(土)真夜中、高速道路の料金が1000円になってから出発。
目指すは長野県の戸隠です。
こちらも夫婦そろって大好きな場所の一つです。

戸隠と言えば最近パワースポットとしても注目されている戸隠神社がありますね。
この旅行の少し前にも江原さんがやりすぎコージーの番組でこちらを紹介しており、
「あ~ 混むからやめて~」と心配しておりました

戸隠に着いたのは朝の7時半。

実は・・・、

戸隠に行くのは神社での参拝が目的なのではなく、
お蕎麦を食べることがここに来る最大の目的なのです!!

あ~
神様ごめんなさい

でも、でも、
神社もすばらしいところですよ。
ご利益もちゃんといただいていますよ


まずはお目当てのお蕎麦屋さんで予約表に名前を書きます。
朝の7時半ですよ。
開店は10時。

なのに、すでに私たちの前に4組の名前が書いてあります。
すごすぎる

開店までの間にお参りを済ませることにしました。

戸隠神社は戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の
五社からなる、創建以来二千年余りの歴史ある神社です。
お蕎麦屋さんは中社の前にあります。
そこから車で数分のところに奥社という御本社があります。

戸隠神社の由来とは簡単にご説明するとこんな感じです。

昔、天照大神が、弟の素戔鳴尊の乱暴を怒って天の岩屋へお入りになってしまいました。
(これが宮崎県高千穂の天岩戸神社です。こちらも有名なパワースポット。ここのエネルギーはすごかった。空気が全然違いましたよ。)
岩屋へ入られてしまったことで、世の中は真っ暗闇になり、
いろいろな悪い神々が出てきて、恐ろしいことや、悲しいことが次々におこりました。

天照大神に岩屋から出ていただくためにたくさんの神様が相談をし、
知恵を振り絞り考えたそうです。
そして、岩戸の前で歌や踊りをして楽しそうにして天照大神に出てきていただくことにしたそうです。
天照大神が外の様子が気になって岩戸を少しあけたときに
岩戸のかげで待ち構えていた天手力男神(奥社にお祀りしてある神様)が
岩戸に手をかけ一気にガラガラと渾身の力を込めて、岩戸を開けてしまいました。
天照大神は岩屋から出てこられ、世の中は再び明るくなり、悪い神々はにげ去っさそうです。
その時に、天照大神がまた岩戸にお入りになってはいけないと、岩戸を持ち上げて
下界へ投げ捨てたそうです。その岩戸が飛んで行った先が、ここ“戸隠”だと言われているそうです。

★お疲れ気味の方
★知恵をつけたい、思慮深くなりたいと願う方
★スポーツをしている方、筋力をつけたい方
に特にお勧めのようですよ。

この奥社、参拝は結構気合いが必要です。
片道約2km、40分くらい歩かなければ社殿に着くことができません。

まずはこの鳥居をくぐるところからスタートします。
IMG_3137_R_convert_20100810164921.jpg

こちらが奥社の全体図です。
IMG_3138_R_convert_20100810164940.jpg

しばらく歩くと隋神門が見えてきます。
ここから杉並木が始まります。


こちらの杉並木、まっすぐに高くそびえたつ杉の木のパワーに圧倒されます。
隋神門の間から人が見えると思いますが、
人がとても小さく見えませんか?
IMG_3182_R_convert_20100810165329.jpg

この杉並木の中では自分が小人にでもなったかのような気分になります。
すごい迫力なんですよ。

並木に入った途端に空気が変わります。
ピンと張りつめたような感じ。

私「天狗がいそう。杉の木の上からのぞかれているような感じがする。」
旦那さん「うん。いそうだよね。いても何にも不思議がない感じがするよ。」

うちの旦那さんは超現実派なのですが、
そんな人でさえそう感じてしまうほどの雰囲気。

1本1本が、他の神社でいったらご神木になるような立派な杉の木。
そんなご神木がずらっと並んで私たちを待ちかまえているのです。
IMG_3143_R_convert_20100810165003.jpg

さて、奥社まで480メートルという看板が出てきました。
ここからがちょっと大変です。
IMG_3146_R_convert_20100810165031.jpg

いままでわりとなだらかな道を歩いてきましたが、
ここからはデコボコの階段を上らなくてはならず、足場が悪くなります。
初めて来たときにはそんなこと知らなかったのでサンダルで来てしまい
大失敗しました。

これから行かれる方は歩きやすい靴で行くことをお勧めします。
IMG_3155_R_convert_20100810165053.jpg

しばらく登ると九頭竜神社が見えてきます。
IMG_3161_R_convert_20100810165219.jpg

江原さんいわく、こちらの神社もすごいパワーみなぎっているそうです。

開運や魔除けの他に、虫歯にもいいらしい(笑)。
なんか、かわいい。
IMG_3163_R_convert_20100810165244.jpg

九頭竜神社の右手の階段を上るといよいよ奥社に到着です。

朝早かったこともあり、人が入らない写真を撮ることができました。
IMG_3165_R_convert_20100810165306.jpg

参道を歩いているときもそうでしたが、さすがにこの時間はそんなに人がいないですし、
朝のすがすがしい空気の中の散歩は本当に気持がよかったです。
より幻想的な神社の雰囲気も楽しめました

しっかりとお参りして下山します。

参道の途中には散策道の入口があります。
そちらに入って自然の中をお散歩。

最初の鳥居のところに戻ってきたのが9時半少し前でした。

なんてすばらしい時間の使い方

お腹もすいたところで、お蕎麦がよりおいしく感じられることでしょう 

たのしみ~


スポンサーサイト
別窓 | 旅・パワースポット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<戸隠・能登・福井の旅 (7月17日)② | aqua venus | 霧が晴れた>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| aqua venus |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。