スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
新しいイベント
2010-08-20 Fri 22:55
今日は「シャバト」というイベントに参加してきました。

といっても、どこか別のサロンに行ってきたわけではなく、
勤めているサロンの新しいイベントです。

第一回目だったので先輩スタッフKさんと一緒に
いちお客さんとして参加してみました。

シャバトとはユダヤの風習です。
「金曜日の夜会」といいます。


先生の説明では、こんな感じでした。

「旧約聖書によると、神様は1週間でこの世界を作ったと言われています。
 最初の6日間で世界を作り、最後の7日目は働かない日として休息日にあてたそうです。
 その6日目の夜(金曜日の夜)は、安息日である土曜日を迎える前に、
 ワインとパンをいただきながら感謝と祝福と祈りの夜を過ごします。
 それがシャバト(夜会)です。」

カレンダーで見ると1週間って日曜日から始まりますよね。
※月曜始まりのカレンダーもありますが。。。
それも旧約聖書のそういったことからきているそうですよ。

あ、そうそう、先生がおっしゃるには、
今でもイスラエルでは土曜日はお店も含め多くの機関がお休みになってしまうんですって。
極端な話「エレベーターのボタンを押す」という行為でさえも“仕事”になっちゃうんだって(笑)。
とにかくなんにもせずにゆっくりのんびり過ごすそうですよ。

まぁ、本来はそのようなきちんとした意味がありますが・・・。
宗教云々、神様云々、ということじゃなく、
とにかく難しく考えないで、電気を消してキャンドルを灯し、
静かな時間の中で自分と向き合ったり、
生きていること(生かされていること)に感謝したりしましょうという
イベントなのです。

まず、雰囲気作りのために先生が用意したのは
インドやアラブの衣装です。

うちの先生はこういうこと大好きなので
楽しみながら準備してましたね。

来た人から好きな衣装、アクセサリーを選んで身につけていきます。
定員10名中女性が9人いましたから、ワイワイガヤガヤ盛り上がってました。
なんだかね、学芸会とか文化祭を思い出しましたよ。

電気を消してキャンドルに火がともされると
とても幻想的な雰囲気になって、
非日常を味わうことができました。

温かくもなにかピンっと張りつめたような空気の中で
たっぷり2時間イベントを楽しみました。
そう、部屋が浄化された感じって言ったらいいのかな。
たぶん、イベントに集まった人それぞれの内側も同様に
浄化されたんじゃないでしょうか。
意識の上では気づいていなくても、ね。

わたしも最近考えすぎでシューシューしていた頭を
少しクールダウンすることもできたかも。

でもね、疑問に残る部分があって。

「たしかに気持のよい空間でゆったりと
 静かな時間を過ごすことによる気持ちよさは感じることができたけど、
 じゃぁ、それをすることによって実際にわたしたちにどんな効果があるの?」
という部分がどうしても腑に落ちてこないの。

わたしって本当に現実的だなぁ(笑)。

でも、この「現実的である」という感覚は絶対に大事にしたい部分なのー!!

目に見えないものや目に見えない変化(内側の変化)を
何の疑問もなくすんなり受け入れられる人もいるけど、
この世の中、そうでない人の方が多いわけだし。
事実、わたしもその一人。

そういう人に対して「なぜそれがいいのか」ということを
きちんと説明できるようになることって大切なことだと思います。
説明したうえで、受け入れる・受け入れないはその人の自由なのだから。

明日、先生にきいてみよ~

今日は、変な力が抜けたせいか、なんだか眠いっす。

早めに寝ますよ。


スポンサーサイト
別窓 | オーラソーマ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<潮干狩り | aqua venus | 戸隠・能登・福井の旅 (7月19 日)>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| aqua venus |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。